風習

神社の鳥居でお辞儀?参道には正中が?手水舎の拝礼の作法って?

2016/09/05

初詣、七五三、厄払い。

頻繁にではありませんが、神社にお参りをすることは、日本人なら必ずあると思います。

その時には実は、作法があります。

正しい作法を知っていますか?

鳥居から参道を通ってお賽銭をあげるなど、正しい作法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

神社の鳥居ではお辞儀しよう!

神社に行くと、鳥居が最初に見えると思います。

ここから参拝は始まっています^^

まずは軽くお辞儀をしましょう。

この軽いお辞儀のことを一揖(いちゆう)と言います。

神社では拝(はい)と揖(ゆう)と呼ぶ作法があります。

・拝は深いお辞儀で腰を90度に曲げる
・揖は軽いお辞儀

鳥居の前では軽いお辞儀で構いません。

ちなみに、神社ではいくつも鳥居がありますが、一揖は最初の鳥居の前だけで大丈夫です。

その時にどちらの足からくぐるか?を気にされている方がいるようです。

それは神職の方たちの作法です。我々は右足でも左足でもどちらでも構いません。

神社の参道は正中がある?

鳥居をくぐると参道を歩いてていくことになります。

ここでよく話題になるのが正中(せいちゅう)です。

・参道の真ん中は正中(せいちゅう)と言い神様の通り道なので、真ん中を避けて歩きましょう
最近では、神社のサイトでも書かれているのを見かけます。
果たして本当に真ん中は避けて通るべきものなのでしょうか?

結論から書くと、半分正しくて半分間違いです。

正中とは、本来は神様の正面を指す言葉です。参道は必ずしも神様の正面にだけ作られているものではありません。

まして、神様は基本的には建物の中から出てウロウロすることはありません。

そういう意味では間違いです。

ただし、神社の神職の方たちは正中を常に意識しています。
正中(神様の正面)を横切ることは控えるのが作法とされています。

*やむを得ず横切る時は、腰をかがめたまま足早に通り過ぎるという行動を取られます。
これを屈行(くっこう)と言います。

そういった意味で、正中を意識するということは正しい心構えです。

スポンサードリンク

つまり、正中=神様の通り道 は間違いですが、正中を意識するというのは、心構えとしては良いと思います

ではどうすればよいか?

心構えとしては素晴らしいのですが、我々まで正中を気にする必要はないと思います。

参道を歩く場合は、神主さんなどの神職の方が通られる時は、一歩よけて通してあげましょう。

それ以外なら、参道のどこを歩いても構いません。
(もちろん、気になるなら参道のはしを歩くのも自由です。)

正中を気にするのはあくまでも神職の方たちだけで十分だと考えます。

神社で手水や拝礼の作法は?

お参りする前に、手を洗う場所があると思います。

そこを手水舎(ちょうずや・てみずや)と言います。ここで手を洗って心身を清めましょう。

手水の正しい作法は?

それがすんだら、いよいよお参りです。

お賽銭を入れたら鈴を鳴らし、拝礼を行います。

拝礼の正しい作法とは?

*場所によっては手水舎も鈴もない場所があります。その時は省略しても構いません。

それがすんだら、おみくじでも引いてみましょう。

もちろん、おみくじにも作法があります。

おみくじの正しい作法は?
おみくじで凶が出たらどうする?

これで、お参りは一通り済みます。

お疲れ様でした。

まとめ

神社の参拝の作法について、一通り触れてみました。

ただ、一番大切なのは、神様に対する真摯な気持ちではないでしょうか?

作法とは、あくまでもこの形を行うと気持ちが整うという、そういったものです。

遥拝(ようはい)という言葉があります。神社にお参りに行けない時に行うものです。
やり方は簡単、今いる場所で二拝・二拍手・一拝を行うというものです。

場所や時間はどこでも構いません。家の中でも外でも、お参りに行きたい神社の方向を向いて行えば大丈夫です。

大切なのは、神様を拝むという心構えです。

気持ちを込めてお参りをするようにしましょう。

最後までお読みいただきまして、有難うございました。

スポンサードリンク

-風習
-