コラム

アマゾンでお葬式!

2016/04/23

ここ数年のインターネットの普及で、思わぬものがネットで入手できるようになってきている。

中古車を販売しているのを知った時は、とてもびっくりしたものだ。

あれから数年後。今ではピザなどの宅配はもちろん、タクシーの配車も、スマホのアプリから手配可能になっている。

まあ、便利っちゃー便利である。

そんな中、チョット話題になっていたものに「アマゾンでお坊さん」の販売が始まったというもの。

もちろん、お坊さんを本当に販売しているのではなく、アマゾンのサイトでお坊さんを手配できる「チケット」の販売というサービスが始まったというものです。

これ、実はすでにネットで手配のサービスを行っていた会社が、アマゾンのサイトでもサービスを開始したというお話ですね。

お葬式は実は、緊急性が高かったり、普段何度も経験しないことや、なんだか罰当たりな気がして割りと高い相場で行われているサービスの一つで有名だったりする。

価格体系が不透明な業界なのです。

そこに目をつけたのが、このネットでの手配サービスというわけですね。
アマゾンでは料金体系は、4つある。

自宅(またはお墓)へ来てもらいお経を挙げてもらい法話(お坊さんのありがた~いお話ですネ)だけなら最低価格の35,000円。

移動込み(例えば自宅でお経を挙げてもらい、火葬場へ移動してもらうなど)になるとちょこっと価格がアップします。

以下のとおりです。

スポンサードリンク
  • 基本(移動なし、戒名なし) 35,000円
  • 移動あり、戒名なし 45,000円
  • 移動なし、戒名授与 55,000円
  • 移動あり 戒名授与 65,000円

一応、すべての宗派のお坊さんと提携をしているので、どんな宗派でも手配ができるというサービスのようです。

普通なら、車代やお布施にそれなりの金額がかかる。戒名なんかは料金でランクが決まっているお寺もあるときく。(宗派やお寺によると思います)

スゲー戒名は、100万円ぐらい平気でかかると聞いたこともある。(真実のほどはよくわかりませんが・・・)

とにかく、何にいくら払えばよいのかがわからず、失礼のないようにと高額を包む人もいるようで、そんなことを考えれば、お願いする立場からは非常にありがたいサービスではないかと思います。

もちろん、仏教団体は反対の立場をとっているようですが、今や昔のように熱心な檀家さんばかりではなく、お葬式の時しかお寺と縁のない家庭では、これだけで済むという明朗会計ぶりは、歓迎されるのではないでしょうか?

良いかどうか、取り敢えずは新しい形としてはこれから実際にサービスを走らせながら考えていけば良いと思います。

ところで、あなたはこのサービス、使いますか?

*我が家は熱心な信者ではないものの、一応決まったお寺があるので、今のところ使う予定はありません。

スポンサードリンク

-コラム