記念日

8月23日の記念日はコイケヤポテトチップスの日です。

2015/07/02

ポテトチップスの売り上げは、カルビーがダントツの一位です。

2015年の秋には、筒型の新商品を発売するそうです。

しかし、実はカラムーチョが有名なコイケヤが日本で始めて国産のポテトチップスを大量生産し、販売した会社なのです。

そんなわけで、8月23日はコイケヤがのり塩味のポテトチップスを販売した日として、コイケヤポテトチップスの日となっています。

スポンサードリンク

なぜポテトチップスなのか?

創業者である小池和夫さん。彼は最初おつまみの会社として会社を興していました。

そんなある日、居酒屋さんに行ったところ、見慣れないおつまみを見かけます。

一口食べてその味にびっくり! 

なんとかこれを商品化したい! 

一年もの研究の結果、何とか商品化に成功。販売を開始します。

つまり、当初はお酒のつまみとして普及していたわけです。

たまに、のんべな人が

「ポテトチップがさけのつまみになるか!!」

などという話をすることがありましたが、そもそもから考えると全然問題ないわけです。

まあ、気持ちは解らなくはないですが^^

カラムーチョから、もも味まで!

その後、ご存知カルビーがポテトチップスの販売に殴りこみ。

スポンサードリンク

見る見るうちにコイケヤのシェアが落ちてきます。

そこで打った手が、辛いお菓子。

社長が業界を分析すると、まだ辛い食べ物がほぼ見当たらない状態。

思い切って辛い商品を販売。これがカラムーチョ。

最初は売れなかったらしいのですが、コンビニ経由で火がつき、あっという間に辛いものブームまで巻き起こる。

当時は本当にいろいろな辛いお菓子がたくさん販売されていました。

今でも残っているのは、カラムーチョぐらいではないでしょうか?

そして何より、最近の話題。

あろうことかポテトチップスのもも味、バナナ味、みかん味を発売。

まぜるとミックスジュースの味がするとか、しないとか。

キャンペーンでミキサーをプレゼントしていたこともあるようです。
(現在は終了しています)

朝ごはん代わりに、とコイケヤさんは言っておりますが、はたして来年まで生き残ることができるのでしょーか?

個人的な予想では、たぶん無理だと思います。(食べてないんですがね・・・)

そんなこんなで、8月23日はコイケヤポテトチップスの日です。

ぜひ、原点の「のり塩味」を食べてみてくださいね。

スポンサードリンク

-記念日