生活

赤ちゃんの乾燥肌は母乳から対策?スキンケアに保湿剤はいらない?必要?

2015/07/25

赤ちゃんのお肌はプルプルでと~っても可愛いですよね!!

でも冬のお肌対策は、ママさんだけではなく実は赤ちゃんのほうがもっと必要なのです。

かわいい赤ちゃんのためみも、しっかりと乾燥肌の対策を学んでいってくださいネ。

スポンサードリンク

赤ちゃんの乾燥肌は母乳から対策?

赤ちゃんの乾燥肌の対策はまずママさんから?

いろんな乾燥肌の対策がありますが、どんなママさんでもできて、絶対にやっておきたいことは、ママさんの食事対策です。

赤ちゃんはママさんの母乳で育ちます。

そしてママさんの母乳はママさんの食べ物と、とっても深いつながりがあります。

ママさんの食べ物がそのまま、赤ちゃんの成長の大きな違いにつながります。

乾燥肌も同じです。

まだ発達途中の赤ちゃんにとって、

・消化によくない食べ物
・刺激の強いもの

その他には、

・栄養のバランスの悪い食事
・糖分のとりすぎ
・脂肪分のとりすぎ

はあまり良いとはされていません。

できるだけ注意するようにしてください。

とはいえ、そんなに神経質になることもありません。

ママさんの個人差もありますし、

赤ちゃんの個人差もあります。

とりあえずはバランスの取れた食事に気をつけておけば大丈夫です。

まあ、これが結構大変といえば大変なのですけどね・・・

あ、念の為にかいておきます。

お酒とタバコはもちろん、やめましょうね!!

乾燥肌の対策はいつから必要?

まず絶対に覚えておきたいことは

生まれてすぐの赤ちゃんは、水分も皮脂もしっかりお肌に含まれています。

でもでも、実はその状態は生後3ヶ月まで

それ以降はどんどん減っていきます。

・皮脂の量は大人の2分の1。
・水分量は大人の3分の2

つまり、4ヶ月以降はママさんのお肌よりも乾燥しやすくなっているというわけです。

乾燥肌の対策は、特に4ヶ月目ごろから注意するようにしてくださいね。

赤ちゃんの乾燥肌のスキンケアはどうする?

では、スキンケアです。

まず基本を抑えましょう。

・清潔にする
・こまめにふく
・乾燥させる

これが大切、というよりもこれだけ覚えておけば良いです。

世の中にはいろいろな対策のためのグッズがあふれていますが、基本はこの3つ。その上でお肌にトラブルがあった時に、初めてグッズを利用するのが正しい対策です。

まずは基本から覚えるようにしましょう。

清潔にする。

シャワーや沐浴が基本になります。

スポンサードリンク

冬なのでシャワーより沐浴がおススメです。

ただし、赤ちゃんのお肌は大人の半分しか皮膚がありません。

・石鹸は1日1回まで。
・タオルでゴシゴシこすらない。

沐浴なら、これは守るようにしましょう。

とってもデリケートな赤ちゃんのお肌を守るためです。

必ず覚えるようにしてくださいね。

こまめにふく

赤ちゃんはなにかとよごれます。

特に口周りや顔はすぐに汚します。

濡れたタオルでやさしく トントン と軽く抑えるように拭いてあげてくださいね。

乾燥させる

水分をしっかりと吸い取るようにしてあげてください。

水分が残ったままだと、体に残った余分な水分が蒸発する時に、お肌の必要な水分も一緒に空気中に持って行ってしまいます。

これが赤ちゃんのお肌が乾燥する原因になります。

水分をよく吸収するタオルで、しっかり拭いてあげるようにしてあげてください。

材質はコットンがお勧めです。

赤ちゃんの乾燥肌に保湿剤はいらない?

さて、これまでのことを守ってもらえれば、ほぼ乾燥肌の対策はオッケーです。

それ以外は、本当に何にも必要ありません。

でも、お肌のケアに慣れる前に失敗しちゃった。

お父さんに汚れふきを任せたら、上手にできていなかった。

どうしてもこの子は、首周りのシワシワが上手にケアできない。

家庭環境も違いますし、

個人差もあります。

それぞれに事情があって、ケアがうまくいかないこともありますよね。

そんな時は、必ず誰かに相談してください。

大切なのは、必ず相談できる人を見つけておき、一人で悩まないようにすること

赤ちゃんも大切ですが、ママさんの精神面のケアも同じくらい大切です。

きっと、良いアドバイスをくれる人が見つかりますヨ。

まとめ

赤ちゃんは、この世に生まれてきて間もないので、肌もどんどん成長していく途中です。

お肌の状態も、良くなったり悪くなったりを繰り返すものです。

その過程で抵抗力がついたり、薄かったお肌のバリアーが強くなっていったりしていきます。

こまめに拭いてあげるということは、こまめに赤ちゃんの様子を見てあげることにもつながります

物に頼る前にまず、基本の赤ちゃんの乾燥肌のケアを丁寧に行うことを心がけるようにしましょう。

保湿剤を使うようになっても、この基本だけはそのまま変わりませんから。

応援しています。

がんばってくださいネ!!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

-生活
-