風習

神社で手水場の作法は口につけない?終わったら拭かない?

更新日:

神社でお参り。

でも本当に正しい作法を知ってますか?

今回は、手水の正しい作法を書いていきます。

鳥居をくぐってまず最初にすることなので、しっかり覚えるようにしましょう。

スポンサードリンク

 

神社で手水場の作法は?

 

手水と書いてちょうずと読みます。

また、手水がある場所を手水舎(ちょうずや)と言います。

わかりやすく手水場(ちょうずば)ということもありますが、本来は「ちょうずや」が正しい読み方です。

一般的には、水の守り神とされている龍の彫刻の口から水が出ていることが多いです。

もちろん、ふつうにプラスチックのパイプやその他の形をしたものから出ていることもあります。

では、作法の手順です。
 

 

・一礼をする
・右手で柄杓(ひしゃく)を取リ水をすくう
・左手を洗う
・柄杓(ひしゃく)を左手に持ち替えて右手を洗う
・また右手に持ち替えて左手に水をためる
・左手の水を口にふくむ
・軽く音を立てないように口をゆすぐ
・左手で口をかくしながら水を出す
(飲まないように!)
・左手をもう一度洗う
・左手で杓(ひしゃく)の柄(え・棒の部分)の首を持ち、立てるように傾けて、柄杓の残りの水が柄をつたわるようにこぼす(清める)
・柄杓を静かに元に戻す
・一例をする

 

こうやって書くと、たいへんだなぁ~という感じがしますが、ゆっくりやればそんなに難しくありません。

スポンサードリンク

お参りをする前に、心身を清めるための作法です。

心も一緒に清めるように、丁寧に落ち着いてやりましょう。

 

神社で手水を口にする時は?

 

注意しなければならないのは、口を清める時です。

絶対に柄杓(ひしゃく)に直接口をつけないようにします。

必ず左手に水をためて、そこから口に水をふくむようにしましょう。

履かないで飲むのもマナー違反です。

また、口をすすぐのも、グジュグジュ音を立てないようにします。
静かに、かるくゆすいだら、そっと吐くようにします。

 

神社で手水は拭かないの?

 

手水が終わった後によく聞かれる質問です。
手を清めたらどうするか?

せっかく綺麗になったので、手を拭かないのが作法だ、という方もいます。
でも、冬場は冷たくて困りますよね。

また、濡れたままお参りすることは、神様に対して問題ないのでしょうか?

私の個人的見解になりますが、ここは手を拭くためだけの新しいハンカチやハンドタオルを準備しておいて、それで拭くというのが良いと思います。

あなたは一般の参拝客なのですから、それで十分だと思います。
もちろん、真っ白な清潔なものを用意しておきましょう。

 

まとめ

 

毎年、新年には初詣に行きます。

そのたびに、手水で手を清める人を見ながら、正しい清め方を覚えていたいなぁと思います。

日本人なのですからね。

しっかり覚えて、正しい作法でお参りができるようになりましょうネ。

最後までお読みいただきまして、有難うございました。

スポンサードリンク

-風習
-

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.