風習

おみくじで凶が出たらどうする?引き直しは?期限や期間はいつ?

更新日:

スポンサードリンク

お参りをした時の楽しみの一つに、おみくじがありますよね。

でも、一つだけ気になることがあります。

凶や大凶が出た時です。

そんな時の対策や処分はどうするか?悪いことが起こらないようにするには?

持ち帰るのが良い?結ぶのが良い?

また、本当の意味は?

今回はおみくじの凶について触れていきます。

スポンサードリンク

おみくじで凶が出たらどうする?

大凶や凶が出た時、がっかりしますよね。

で、木に結んで見なかったことに良くしていました^^

ですが本当に落ち込むことなのでしょうか?

人生には運気の流れというものがあります。
運勢には波があり、良い時も悪い時も必ずあります。

その運勢が今は落ち込んでいる時ですよ、というものが、凶や大凶なのです。

つまり、今から落ちんでいる運気があがっていくので、

・凶が出ると逆にラッキー、運がいいぞ!
・縁起がいい
・幸運だ、めでたいじゃないか!

と考える人もいるわけです。

では、具体的に凶が出た時にはどするべきなのでしょうか?

おみくじには和歌や俳句や漢詩などの文章が書かれています。

その意味をしっかりと考えてみてください。

もしわからなければ、神社やお寺の人を見つけて、教えてもらいましょう。

そして、木に結ばずに持ち帰りましょう。

時々見返して、自分の行動を見つめるようにするためです。

そして、次におみくじを引くときに持って行って、お焚きあげ(おたきあげ)など他のお守りなどと同じように処分しましょう。

おみくじが凶の時引き直しはあり?

凶の本当の意味がわかったと思います。

ですが、良く聞くのがやり直して良いのか?ということです。

吉や大吉がでるまで何度でも引き直したいということですね。

・・・大変気持ちはわかるのですが、それはNGです。

おみくじとは、神様から授かったメッセージです。

それを無視して引き直すのは、やはり良くありません。

嫌なことから逃げる現実逃避と同じことになってしまいます。

こんな逸話があります。

織田信長を倒した明智光秀。

「信長公記(しんちょうこうき)」によると、愛宕山(あたごやま)で必勝祈願のおみくじをひいたそうです。

その結果に満足しなかったのでしょうか?

光秀は、あろうことかおみくじを引き直してしまったのです。

その後、光秀は信長を自害させることとなりましたが、結局は三日天下で終わったのは、有名なお話です。

さて、これがおみくじを引き直したせいかどうかは、神のみぞ知るところです。

でも、全く影響がなかったとは言えないのではないか、と私は考えています。

あなたは、どう思いますか??

おみくじの期限や期間はいつまで?

さて、コレもまた良く聞かれる質問です。

・その内容はいつまでの運勢をあらわしているのか?
・有効期間や有効期限はあるのだろうか?

結論から書くと、特別に決まっていません

基本的には、次に引くまでとされています。

・じゃあ、何回も引いたらそれが答えなんじゃないの?
・やっぱり、吉がでるまで何回でも引けばいいんじゃない?

おみくじには、これからどう過ごせばよいかが書かれてあります。

次に引く時とは

・書かれていることを守っている時
・守れているかどうか確認したい時

前引いた時から、自分の運勢がどのように変わったか、改めて確認をしたい時に引くべきでしょう。

おみくじの本当の意味から考えると、そのような結論になります。

まとめ

おみくじで凶がでても、そんなにショックをうける必要はありません。

そこにこれからするべきヒントが書かれているのですから。

大切なのは、自分がこれから行う行動次第で良くも悪くもなるということです。

あなたなら、きっと大丈夫ですヨ。

神仏のご加護がありますように (-人-;)

最後までお読みいただきまして、有難うございました。

スポンサードリンク

-風習
-

Copyright© good job!! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.