確定申告

ふるさと納税の仕組みを簡単に!会社員の確定申告が不要な方法とは?

更新日:

地域の特産品がもらえるということで、何かと話題になっているふるさと納税。

でも、その仕組を理解できてますか?

普段はまったく考えたこともない確定申告の話が絡んできたりして、ちょっとニガテ~、という方もいるのではないでしょうか?

会社員は、会社で年末調整をを行うので、コレはしかたのないことです。

そんな方のために、できるだけ簡単にふるさと納税について解説してみようというものです。

頑張ってやってみます^^

スポンサードリンク

ふるさと納税の仕組みを簡単に!

ふるさと納税ってなに?

まずは、ふるさと納税の仕組みです。

どういうものかを一言で言うと、

地方への寄付金です。

ふるさと納税は、別名ふるさと寄付とも呼ばれています。

日本では都市圏の人口は増加していますが、地方は逆に減っていく傾向にあります。

すると、どうしても都市圏よりも地方は元気がなくなっていきます。

そこで、寄付金という形で応援しよう、というコンセプトでスタートしたのがふるさと納税というわけです。

ふるさとという名前になっていますが、自分の実家や故郷でなくとも構いません。

気に入ったところに寄付して大丈夫です。

なんで話題なの?

本来は応援したい場所に寄付をするというものです。

ところが、寄付を集めたいと考えた結果、寄付のお礼を始めました。

このお礼が意外と豪華なものが多く、なかなか手に入らないレアなものもラインナップにのぼるようになりました。

コレがまず一点。

そして、ふるさと納税の特徴として、寄付した金額のうち、2000円を除いた金額が支払うべき税金から引いてもらえるという仕組みになっています。

コレが二点目。

この二つを組み合わせて考えると、結果として2000円で豪華な地方の特産品がもらえるということになります。

つまり結果だけ考えると

ふるさと納税で豪華な特産品を2000円で手に入れよう!

ということになり、お得な節税方法として話題になったわけです。

ふるさと納税で会社員が確定申告をするなら?

サラリーマンが確定申告を!

ただし、一点だけ大きなハードルがあります。

それは、ふるさと納税を利用する場合、サラリーマンでも確定申告が必要だということです。

でも実は、確定申告と言ってもそんなに難しくはありません。

税務署に行って、いろいろ質問すれば親切丁寧に教えてもらえます。

なんか怖いところのように思われがちな税務署。

むずかしーいイメージのある税務署。

でも、彼らは税金を払ってもらったり、ふるさと納税をしっかり使ってもらいたいと考えています。

だから、思っているよりも親切に教えてもらえます。

そして、言われたとおりにやるだけで大丈夫です。

ぜひ、一度チャレンジして欲しいと思います。

ふるさと納税で確定申告が不要な方法は?

ワンストップ特例とは?

それでも、ふるさと納税のことは知っている、でもなんか難しそうだからチョット・・・

実際はやはりこんな人が多かったようです。

まあ、当然といえば当然です。

そこで新しくルールが変わりました。

確定申告の代わりに、書類を一枚提出すれば良いことになりました。

これを、ワンストップ特例といいます。

ただし、条件があります。

・もともと確定申告をする必要が無い

今まで一度も確定申告をしたことがない。また、会社以外に収入がない。

医療費の控除など、会社の年末調整以外にこれからも確定申告をする必要が無い。

サラリーマンなら、結構当てはまるのではないでしょうか?

・1年間の寄付が5自治体以下である。

たくさん寄付するならこの新ルールはつかえません。

スポンサードリンク

まあ、一箇所でそれなりの金額を寄付したほうがお得だと思いますので、これも結構当てはまりそうですよね。

これからふるさと納税を検討するなら、この条件をクリアしていると確定申告の手続が必要ありません。

流れとしては、

1,自治体へ寄付をする(5自治体以下)

2,自治体に申請書を送る

3,翌年の6月にお住まいの自治体から住民税控除の通知が届く

という形になります。

申請書類は各自治体で準備ができていれば、ウェブから書類を提出して終わりのところもあります。

準備出来ているところは、お礼品の申し込みと一緒にクレジットカードで寄付金を振り込むときに、一緒に申請書の雛形をウェブ上で送るシステムになっているところが増えています。

クレジットカードの場合は、手数料がいりません。

まだ準備出来ていない自治体なら、所定の用紙をプリントアウトして捺印の上送るようになります。
準備出来ているところでも、郵送で書類を送ることができるようです。

郵送の場合は、各指定の金融機関へ振り込むようになります。
納付書が送られてくると思いますので、各自治体の指示に従って振り込んでください。

ワンストップでこんなことが便利になった!

今年からスタートしたのが、楽天での申し込みです。

おそらくこのワンストップ特例がスタートしたことにより、可能になったものと思われます。

楽天からの申し込みでびっくりしたのは、楽天ポイントで支払いができるということです。

楽天ポイントは、これからは街なかでも使えるようになる計画があります。

ですが、現状はまだ加盟店が少ないので、実質的には楽天ショップ内でしかほとんど使えません。

このふるさと納税の支払いにポイントが使えるのは、かなり便利なのではないでしょうか?

申し込める自治体の数はまだ少ないです(それでも600件ほどあります)が、これから順次増えていくものと思われます。

楽天をよく利用していて、ポイントが溜まっている人はチェックしてみると良いかもしれません。

*もちろん、支払った分の楽天ポイントは付きます。また、クレジットカードで支払ったらカードのポイントも付きます。

まとめ

ふるさと納税で各地域の特産品を見ていると、いろんな地域のいろんな特色が見えてきます。

コレを眺めているだけで、とっても面白いです。

日本にはこんなに、特色のあるものがまだたくさんあるんだなぁ、そんな気になります。

せっかくの制度です。

できるだけ有意義に活用していただければと思います。

最後までお読みいただきまして、有難うございました。

スポンサードリンク

-確定申告

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.