コラム 雑記

洗濯機を壊れたまま使ってみた。

更新日:


時々、不便なことをしたくなる。

洗濯機が壊れた。脱水が使えなくなった。正確には、回ったり回らなくなったりしたのである。どうやら、モーターが壊れたようだ。

洗濯機で、モーターが一番壊れやすい部品らしい。買い換えても良かったのだが、しばらくそのまま使ってみた。

まず、いつものコースを選択して、スイッチオン。 いつもどおり音がする。少しの間、洗濯機が回らずに揺れる。だめかな~? 手伝ったらどうだろう、と思い少しゆすってみる。

あ、回りだした。

そのまま時々様子を見に行く。ちゃんと動いている。

さて、脱水。ここでうまく回らなくなる。 またゆすってみるも、今度はだめ。どうやら、洗濯機とは、洗濯用と脱水用とモータを使い分けているようだ。

しょうがないので、手で絞る。 ぎゅーっ!!  そして干す。

これをしばらく半年ほど続けてみた。

夏は良いのだが、冬はつらい。手が冷たい!! ここでようやく買い換えた。今は、元気な新入り洗濯機が ごおんごおん、音を立てて回っている。

たまにこんなことをあえてやってみている。すると、物の有難さが良くわかる。

時々こんな不便なことをして遊んでいる。でも、本当は壊れた機械はすぐに買い換えないと危ないのではないかとも思うのですがね。火を噴いたりしそうなので。

まねはしない方が、良いと思います。♪

-コラム, 雑記
-

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.