生活

引っ越しの荷造りの道具は?ダンボールに工夫?不要な処分は?

更新日:

引っ越しするときに大切なことの一つに、荷造りがあります。

何にどうやってつめるかは、上手くやらないとスムーズに片付けが進みません。

また、引っ越しが終わり業者の人が帰った後に自分たちで荷解きをする際に、どうやっていいかわからなくなってしまいます。

上手な荷造りのコツをご紹介いたします。

スポンサードリンク

引っ越しの荷造りで揃える道具は?

まずは道具から揃えましょう。

・ダンボール
・ガムテープ
・荷造り紐
・油性マジック
・新聞紙(またはビニールや緩衝材)
・カッター
・輪ゴム
・ビニール袋
・ラップ
・バッグ

ダンボールは引越し業者にお願いするともらえます。早めに手配しておきましょう。

もし自分で用意したい場合は、もらってくる方法があります。
コンビニ、ドラッグストア、スーパーなどではだいたい無料で貰えます。

*こういったお店では、荷物が入っていたダンボールの処分にお金を払っています。ダタで引き取ってもらったほうがお店としても助かります^^

購入するならホームセンターで手に入りますが、ちょっともったいないですね。
引越し業者でも、ダンボールだけで売ってもらえます。

一番いいのはやはり引越し業者にお願いしてもらう方法です。

ガムテープは梱包の際に必ず必要です。ただオススメは布テープというものになります。詳細は後述します。

油性マジックはできれば2色。赤と黒がそろえれば理想です。

新聞紙はお皿をつつんだり、スキマに詰めたりするのに便利です。
ただ、最近は新聞を取らない人も増えています。
そんな場合は、近くの新聞店に聞いてみましょう。

新聞店には、予備の新聞や、売れ残り(別名大人の事情といいます^^)が残っていることもあります。店にもよりますが、残っていれば分けてくれる場合もあります。

ダタの場合もありますし、いくらかのお金が必要なこともあります。
事前に電話して聞いてみると良いでしょう。

また、これらもスーパーやドラッグストアでもらえることもあります。段ボールといっしょに調べてみるのが良いですね。

カッターは段ボールをカットしたり、荷造り用の紐を切るのに必要です。

輪ゴムはペンやお箸、フォークなどの細長いものをまとめるのに便利です。

ビニール袋は、荷造りの時にでるゴミの処理に使えます。また、ちょっとした小物をまとめるのにもあると便利です。また箱のスキマに詰めるのにも重宝します。

ラップは、緩衝材代わりにもなりますし、物をまとめるのにも便利です。
ひっぱりながらぐるぐるまきにすると、いくつかのものをしっかりと固定できます。

バッグは、貴重品や引越し先ですぐに使いたいものを入れておき、自分で持っていくのに便利です。

印鑑や通帳などの貴重品は、小さな手荷物用の小袋に入れておくとなお良いです。

この中で、100円ショップでそろうものを挙げておきます。

・ガムテープ
・荷造り紐
・油性マジック
・カッター
・輪ゴム
・ビニール袋
・ラップ
・バッグ
マジックやカッター、輪ゴムは100均でも十分だと思います。

通帳などを入れる小さなバッグ(小袋)もファスナー付きのものが買えます。
ダイソーなどのもので十分です。

荷造り紐は、場合によってはガムテープでも代わりになります。
雑誌を捨てる場合は、ガムテープでぐるぐる巻きにしてもいいです。

自分で荷造りするなら、こんな感じで大丈夫ですね。

では、荷造りの仕方に移りましょう。

引っ越しの荷造りはダンボールに工夫が?

ダンボールの荷造りには二つのルールを決めておきましょう。

油性マジックでしっかりと!

油性マジックでダンボールに書き込みます。

どの部屋の何の荷物か分かるようにしっかりと書いておきます。
書く場所は、箱のフタの部分です。

余裕があるなら横にも書いたほうがよいですが、少し手間がかかるので、上部のフタの部分だけでもオッケーです。

お皿や貴重品は、赤のマジックでこわれもの注意や、貴重品注意と書きます。

同じように上部のフタの部分に分かるように大きく書いておきます。

スポンサードリンク
*引越し業者にお願いしてワレモノ注意のシールをもらえるか聞いておくのも良いと思います。
また、このシールはセリエなどの100均で売っている場合もあります。
近所のダイソーにはしっかり売ってありました。シーズン中は、引っ越しのコーナーが作ってあることが多いようです。
お店の人に聞いてみると教えてもらえます。

ガムテープは色違いで?

梱包する時は、3色のガムテープを使い分けましょう。

・赤  ワレモノや精密機械などの箱
・黄  すぐに必要な箱
・白  それ以外の箱

こうしておくと、上からも横からもわかりやすいですね。
赤色のマジックで書く必要もなくなります。

ちなみにテープでオススメなのは、布粘着テープです。
テープの素材が切れやすい布製のもので出来ているので、手できれいにちぎれます。

ダイソーでは5色の布粘着テープが売ってました。
ダイキやジュンテンドーなどのホームセンターでも、色付きのカラー布粘着テープが売ってます。

だいたい5~7色くらいの色がそろっています。

楽天などのネット通販でも手に入ります。

引っ越しの荷造りで処分はどうする?

当然、荷造りしているといらないものが出てきます。

そういった場合は、処分をするようになります。

処分してお金をもらおう!

本はブックオフの利用がおすすめです。

ある程度量があるなら電話一本で取りに来てくれます。
また、値段がつかないものでも引き取ってくれます。もちろん、タダです。

洋服などはリサイクルショップに持ち込むと良いでしょう。

他には、洋服店で引き取ってくれる場合もあります。

H&Mでは、500円のクーポン券と交換してもらえます。
(ただし、3000円以上の買い物にしか使えません)

ブランドもどこでも大丈夫です。1日に2袋までなので、上手に利用すれば結構お得なのではないでしょうか?

こちらは、服にシミがあっても問題ありません。ただし、バックや靴、カバンやベルトのほか、アクセサリー類は対象外のようです。

また、パルコではキャンペーンで割引クーポン券と交換してもらえることがあります。
春と秋によくやっています。

無印良品では、無印良品週間に10%オフクーポンと交換してもらえた事があります。
タイミングが合いそうなら、利用するのもありですね。

お金になりませんが、他に古着の回収を行っているところではユニクロがあります。
ここは、キレイなもの(洗濯して持っていくようになります)で、ユニクログループの服限定になりますが、無料で引き取ってもらえます。

その他にも、洋品店やスーパーなどで時々回収をやっているところもありますので引っ越しの際にはチェックしてみると良いでしょう。

まとめ

引っ越しの荷造りは、上手に手際よくやらないといつまでたっても終わりません。

スムーズに行うためのコツをご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

新しい環境で、新しい生活。大変ですが、ちょっとワクワクするのもまた、事実ではないでしょうか?

上手に引っ越しして、気持ちのいい新生活が遅れると良いですね!!

最後までお読みいただきまして、有難うございました。

スポンサードリンク

-生活
-

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.