雑学

50 60ヘルツの違いとは?家電は変換が?引越しの時は注意!影響

更新日:

普段は聞くことがほとんどない、家電製品の周波数。

でも、電子レンジや洗濯機の買い替えなどで話題になることがあります。

50ヘルツとか60ヘルツとか、いったい何を意味しているのでしょうか?
もし間違って使ってしまったら、どうなるのでしょうか?

できるだけ簡単に、違いや影響について解説していきたいと思います。

ゆっくり読んでいただければと思います。

スポンサードリンク

50 60ヘルツの違いとは?

ヘルツって、なに?

発電所で作られた電気は、電線の中を流れて家庭まで届きます。
この時の電気の流れを電流といいます。

電流には、実は流れる向きや大きさや勢いが、変化するものと変化しない物があります。

乾電池はプラスとマイナスの向きが決められていますよね?
これを直流といいます。

家まで流れている電流は、向きが入れ替わる電流で、交流と呼ばれています。

コンセントに流れている電流にもプラスとマイナスがありますが、コンセントを指す時に、右や左の向きを気にしませんよね?

これは、交流だとプラスとマイナスがいつも入れ替わっているので、どちらにさしても同じだからです。

この時の交流の単位がhz(ヘルツ)といいます。
50ヘルツというのは、あるタイミングで50回入れ替わりますよ、という意味です。
60ヘルツというのは、60回入れ替わるということですね。

電化製品には50と60の二種類のヘルツがある

時代は明治にさかのぼります。

当時、日本で電気をつくる発電機を外国から輸入しました。

この時に、全国で一斉に取り入れればよかったのですが、各地域で別々に取り入れるようになっていました。

そのために、それぞれで別々の方式を輸入してしまったのです。

東日本はドイツから50ヘルツの発電機を。
西日本はアメリカから60ヘルツの発電機を。

一度、発電機が使えるように設備をそろえててしまったら、全部新しくするのにはお金も時間もかかってしまいます。

それで、今でも同じ日本なのに、50ヘルツと60ヘルツという違いがそのまま残ってしまった訳です。

今までに何度も、不便なので揃えようという話がありましたが、手間とお金がかかるという理由で、全て立ち消えになっていました。

ところが東日本大震災の時に、電力不足が起こり、東日本に西日本から電力を送るのが難しいということが改めて注目されました。

揃えるというのは難しいとしても、50ヘルツと60ヘルツを切り替える事ができる設備の建設が進められるようになりました。

2020年には、合計で210万キロワットの電力が送れるようになる見込みです。

家電のヘルツは変換が必要?

さて、では西日本と東日本ではヘルツが違うのであれば、家電製品はどのように扱えば良いのでしょうか?

20~30年前は、全部ではありませんが、50ヘルツと60ヘルツとの切り替えスイッチがついていました。

実家に昔のデジタル時計がありました。電池ではなく、コンセントにさして使うタイプだったのですが、確かにそのヘルツ切り替えスイッチを見たことがあります。

また、洗濯機などはタイマーが二つついていて、使い分けていたといいます。
(こちらは残念ながら見たことはありません)

これをそのまま使うとなにか家電に影響があるのでしょうか?

タイマーなどの時間をはかるものは、20パーセントほど速さが変わります。
目覚まし時計が変な時間になるというわけですね ^^;

扇風機などは、羽の回転スピードが変わります。

電子レンジは、故障の原因になります。場合によっては発火する危険性もあります。

ですが、今現在は家電のほとんどが両方で使えるように設計されています。
エアコンなどはインバーターという部品が使われていて、この部品がヘルツ違いでも大丈夫な役目を果たしています。

電子レンジは、低価格なものはいまだに50ヘルツ、60ヘルツ専用というものがありますから、注意が必要ですね。

もし注意が必要な物は、しっかり、50hz/60hzと書かれていたり、50hz専用、60hz専用と書かれています。

スポンサードリンク

新しく買う場合は、メーカーや家電量販店で、確認してから買うようにしましょう。

また、引越しでヘルツが違う地域にいくのであれば、一応変換するための部品もあります。メーカーで対応してくれます。

ただし、基本的には買い換えたほうが安く付く場合がほとんどです。

それ以外家電品は基本的にヘルツフリーの商品になります。
以下に一般的に言われているものをあげておきます。

そのまま使えるもの

コンポ、テレビ、パソコン、エアコン、照明器具(インバーター内蔵のもの)トースター、電気コタツ、掃除機、冷蔵庫、扇風機、加湿器、ドライヤー、洗濯機、

*エアコン、扇風機、冷蔵庫、ドライヤー、洗濯機は少し性能に違いがでますが、使っていて違いがほとんどわからないレベルです。

使えないもの

電気式の時計(コンセントにさして使うもの)、電子レンジ、照明器具、

*ただし、ヘルツフリーとして設計されているものもあります。
その場合は、そのまま使えます。

作られた時期が古い場合は、また変わってきます。あくまでも参考として見てください。

新幹線はどうなっているのか?

ところで、東海道新幹線は東と西の両方をまたいでいます。
影響はないのでしょうか?

実は、車両自体は60ヘルツで設計されています。
JR東海が、自前で50ヘルツと60ヘルツを変換する設備を持っていて、そこで変換して電気を使うようにしています。

東京の大井、神奈川の網島西相模、静岡の沼津の四カ所にあります。

もう一つ、長野新幹線(北陸新幹線)も50ヘルツと60ヘルツの地域をまたいで走っています。

実は長野県はヘルツが変わる境界なので、長野新幹線は両方に対応する必要があります。
さすがに長野新幹線は最新型なので、車両そのものにヘルツを変える装置がついています。

本来はこの装置は重かったので車体に付けれなかったのですが、技術の進歩により軽くなり車両につけることができるようになったわけです。

さすが最新鋭の車両ですよね!

電化製品は引越しの時に地域でヘルツの確認が必要?

基本的には、東と西でヘルツは違います。東京と大阪で引越しをする場合ははっきりと分かります。

ですが、両方が混ざっている場所もあります。

静岡県の富士川と新潟県の糸魚川が、ヘルツの境になっています。

20160121_14564741666

 赤が50hz 青が60hz 

富士川市と糸魚川市は50ヘルツと60ヘルツの両方が混ざっています。

この地域に限って、電化製品のヘルツと引越し先のヘルツが同じで使えるかを確認しなければなりません。

引越し先の市役所や電力会社に聞いてしっかりと確認しておきましょう。

最後に

普段は、ヘルツなんか気にすることはまずありません。

まあ、電子レンジを買う時と、引越しをするときくらいではないでしょうか?

使っていないと忘れてしまうのが普通なので、頭の隅っこにでも残っていて、いざという時に思い出してもらえれば、それで大丈夫です。

長い文章を最後までお読みいただきまして、有難うございました。

スポンサードリンク

-雑学

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.