生活

紫外線は春の5月が強いのはなぜ?時間帯はいつ?対策は?肌荒れの理由

更新日:

だんだんと暖かくなってきて、浮かれた気分になってくる春。
気持ちがいいので、外へ出かける機会も増えてきますよね!

すると気になってくるのが、日焼けです。

この季節になると、少しずつ紫外線の話題を耳にするようになり出します。

ところで、一年の中で紫外線が一番強いのは5月だという話しを聞きますが、本当なのでしょうか?

春先の紫外線対策とあわせながら、話題を進めてみたいと思います。

スポンサードリンク

紫外線は春が強いって本当?

1年で一番紫外線が強いのはいつ ?

1年の内で五月が一番紫外線が強い月だという話を聞きました。実際のところはどうなのでしょうか?

気象庁のホームページではっきりと確認を取ることができます。

紫外線に関する質問という箇所で、

Q1 紫外線量が1年で最も多いのは何月ですか?
A1 その年の天候に大きく影響されますが、一般的に夏に紫外線量が多くなります。国内では、7~8月に紫外線量が年間で最も多くなります。

と書かれています。

また、

Q2 紫外線は5月が最も多いと聞いたのですが?
A2 紫外線の季節変化について「紫外線は5月に最も多い」「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ」と言われることがありますが、これはオゾン層での吸収がほとんどないUV-A領域の紫外線のことと考えられます(特に6~7月に梅雨時期となる地域に当てはまります)。

とも書かれています。少しわかりにくいですよね?
ちょこっと解説します。

紫外線には3種類あります。

UV-A UV-B UV-C

そのうち、UV-Cは大気圏で吸収されて地面まで届くことはないので、紫外線として我々が気にするのは残りの二つです。

残り二つの内、気象庁で観測しているのはうUV-Bです。公表されているデータを見る限り、確かに紫外線量が5月に一番多いと読み取ることはできません。

ということはやはり、7~8月が多いようです。
おそらく、紫外線でUV-Bが地上へたくさん届いているので、UV-Bを測定していると推測されます。
そのため、気象庁で観測しているUV-Bではなく、UV-Aが5月に多いのではないのでしょうか、ということと思われます。

自分たちが観測していない方の紫外線のことじゃね?

って言いたいようです。

じゃあ、実際UV-Aは5月に一番強いのでしょうか?

ちなみに、独立法人の国立環境研究所というところで、同じように紫外線量を観測したデータが公表されています。

こちらではUV-A、UV-Bの両方の観測結果が公開されていますが、ここのデータを見ても、5月ではなく7~8月が紫外線量のピークになっています。
5月は7~8月についで強いというデータになっています。

どうやら紫外線が一年で一番強いのは、5月ではなく8月(または7~8月)というのが正しいようです。

じゃあなぜ 5月?

なんで5月という話が出てきているのでしょうか?

スポンサードリンク

正直なところ、理由はよくわかりません。
ただ、真夏は紫外線についての意識は強いですが、春に対しては少しおろそかになりがちです。

紫外線の強さは、地域などにもよりますが、おおむね5月でも7~8月でも、考えているよりも同じくらい強いというデータがでています。

このタイミングでの注意喚起という意味では、5月でも注意、というのはとても大切になってきます。

そういう意味でで5月というキーワードが出てきたと想像します。

というわけで、一番紫外線の量が強いのは5月ではありませんが、春からしっかりと紫外線対策は必要だ、とここでは結論づけておきます。

春で紫外線が強い時間帯は?

通年通して言えることですが、一番強い時間帯は12時です。

紫外線の強さは、太陽が一番地面と垂直になっている時が強いため、お昼が強いのは最もだと思います。

5月であれば、だいたい10時~13時くらいまでが要注意の時間になります。もちろん、地域によってはもっと早かったり遅かったりしますが、それでも9時~14時頃までが要注意の時間でしょう。

3月だと11時~13時くらいですね。

もし可能であるなら、この時間に外出するのを控えたほうが、紫外線対策としては有効と言うわけです。

紫外線の春の対策は?

通常であれば、紫外線対策のクリームなどを肌に塗るのが良いです。

ただ、春はまだ空気が乾燥しています。
お肌も冬に馴染んだ状態のため、紫外線対策と同時に、保湿も行う必要があります。

つまり春の対策は、乾燥対策としての保湿+紫外線対策が必要です。

また、個人差もありますが、この時期は花粉症対策も必要になってきます。

乾燥肌対策+紫外線対策+花粉症対策。

この三つを心がけるようにしましょう。

具体的には、

乾燥肌対策は、当然ながら保湿クリームをしっかり塗ること。
紫外線対策は、UVカットクリームを塗ること。
花粉症対策はしっかりと洗顔を行うこと。

後は、リラックスできる環境を整えると、肌荒れ対策にはさらに効果的です。

実は春というのは、季節の変わり目に加えていろいろと肌荒れの原因がそろっているので、一年を通して一番気を使う時期なのです。

大変ですよね^^

まあ、頑張るしかありませんね(・・;)

最後に

紫外線自体は一年中浴びていますし、部屋の中にいても、窓ガラス越しに受けています。

私は部屋で作業をほとんど行っています。窓が右手側になるのですが、右腕の方が肌の色が黒いのは、部屋の中にもしっかりと紫外線が入ってきている証拠ですね!
(最初はなんでだろ~、ッて思ってました (T_T) )

とにかく、すきあらば紫外線は襲ってきます。

春先だからといって、まだまだと油断するのもいけませんが、でも春だから一番強いってわけではありません。

正しい情報を仕入れて、正しい紫外線対策を行うように心がけていきましょう。

スポンサードリンク

-生活

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.