コラム 雑記

未来を感じる今日この頃

更新日:

NASAや三菱重工業が、無線送電技術の実験に成功したとのニュースが流れた。
文系の私にはいまいち良くわからない仕組みである。 なんだか電磁波がどうとか、マイクロ波がどーとかいうことらしい。
一応、わかる範囲で書いておくと、電動歯ブラシのバッテリー充電が似たような仕組みになっているようだ。
たとえば、スマホなどは、ケーブルを直接つないで充電しているが、今はテーブルに置いただけで充電できるキットも販売している。 ざっくりいうと仕組みとしては同じもののようである。
で、これは一番応用が期待されているのは、車らしい。駐車場においておくだけで充電できるようにシステムを作ることが可能になる。
これは確かに便利かもしれない。
後は、洋上の風力発電や、宇宙での太陽光発電で作った電気を送って利用するなど。もし、宇宙で作った太陽光が地球に送れるようになれば、エネルギー問題が大きく解決できる可能性は、確かにあるかもしれない。

さて、いつごろ実用化されるのでしょうね?

しかし、ほぼ同じタイミングで実験成功のニュースが流れるって言うのは偶然なんでしょうか?

何か運命的な力でも働いているのでしょうか?

それにしても、技術の進歩は本当にめざましく、ここ数年で今までに蓄積された技術の応用化がさらに加速している気がする。

スポンサードリンク

例えば、変なホテルというホテルが2015年7月にハウステンボスでオープンするようである。

ホテル内の大部分を機会で自動化してしまい、接客や掃除、はたまたコーヒーなどを運んでくれるサービスまでロボットを使ってコストカットを行う。エネルギーは太陽光発電などを利用する。

フロントも人型の接客ロボットが手続きを行うそうだ。一応、人間のスタッフもいざに備えて常駐はしているようである。

部屋のキーはなく、なんと顔認証システムを利用している。(ただし、希望すればカードキーでの対応も可能らしい。)

ちなみに料金はオークション制を導入しており、シングル(一泊 食事なし)の下限は7,000円で、上限は14,000円の事前情報。今サイトを覗いたら、8月の予約分で最高入札額は月~金が18,000円。土が29,000円。お盆や祝祭日の前日は29,000円になっている。この最高入札額で予約すれば、ほぼ間違いなく予約が取れるシステムのようだ。

海外展開も視野に入れているため、ノックダウン式(組み立て式)で建設できるようになっているので、工期が短いのも特徴のようである。そして、太陽光発電を利用するので、電気事情が良くない新興国での展開も行いやすい。

今までに培われてきた技術が、どんどん応用・実用化されてきたようだ。まるでSFの世界の話が、現実化しているかのようである。

本当に未来を感じさせる話がてんこもりの、今後数年間になりそうである。

スポンサードリンク

-コラム, 雑記
-, ,

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.