残暑見舞いを喪中の方に送っても大丈夫?文例のヒントは?

投稿日:

季節の節目のご挨拶。四季がある日本ならではの風景です。

ところが、今年はいつもお世話になっている人が喪中です。

さて、困りました。残暑見舞いは送ってもいいのでしょうか?

送るなら文例はどんな感じにすればよいのでしょうか?

残暑見舞いと喪中について、ご紹介いたします。

スポンサードリンク

残暑見舞いは喪中の方に送っても大丈夫?

結論から書くと、マナーとしては問題ありません。

残暑見舞いの意味と、喪中の意味を理解していれば、話は簡単に理解できます。

残暑見舞いの意味

残暑見舞いとは、夏の暑い時期に日頃お世話になっている方の健康や体調を気遣い、お互いの近況を報告しあうための挨拶状です。

ポイントは、挨拶状であるということですね。

夏の暑さで体調を崩してませんか~

冷たい飲み物に注意して乗り切ってくださいね~

相手の様子を気遣うのが、残暑見舞いの趣旨となります。

喪中の意味

喪中とは、ご家族などの近親者が亡くなって、特定の期間に、亡くなった人のことを思って身辺を慎むことを指します。

お正月やその他のお祝いなど、派手なことを控えるという意味ですね。

なので、年賀状はお正月のお祝いのための挨拶状なので、マナーとしては控えるものです。

最近は、割と肉・魚も食べることが多くなってきているようですが、本来は喪中には控えるべき行為です。

残暑見舞いは挨拶なので問題なし!

つまり、残暑見舞いは挨拶ですし、喪中の方に取っては、控えるべき理由に該当はしません。

スポンサードリンク

結論としては、喪中の方に残暑見舞いを送るのは、マナー上は問題ないということになります。

後はタイミングでしょうか?

近親者がごくごく最近亡くなっているのであれば、気持ちが落ち着かないので控えたほうがいい場合もあります。

四十九日を過ぎているかどうかを一つの目安にすると良いです。

逆に、相手の状態を思いやる意味合いからすれば、お葬式やお通夜に伺えなかった場合などは、送ったほうが良いとの考えもあります。

私としては、相手を気遣う文例になっていれば、送って良いと考えています。

どうしても気になるのであれば、残暑見舞いという形にこだわるのではなく、励ましのはがきを送ると良いです。

はがきは、いつ送っても良いので。

【一言で!】
喪中の方に残暑見舞いを送るのはOK!

残暑見舞いを喪中に送る文例はある?

もし残暑見舞いを出すと決めたなら、少し注意が必要です。

・絵柄に気をつける
・お悔やみの文例を添える

絵柄は無地のものが無難でしょう。

文例は、相手を気遣ったお悔やみを添えましょう。

・まだ寂しい思いをされていることでしょう
・お葬式に伺えなかったことは大変残念です

など、ご家族に対して気持ちを察する文章を付け加えましょう。

まとめ

喪中の方に残暑見舞いを出すことは大丈夫です。

基本的には、あなたの相手を思う気持ちが一番大切だと思います。

落ち着いて、気持ちのこもった残暑見舞いを書いてあげてくださいね。

最後までお読みいただきまして有難うございました。

スポンサードリンク

-

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.