風習

初彼岸の意味やいつなのかは知ってますか?お返しはどうする?

更新日:

初盆と同じように初彼岸という言葉があります。

初彼岸とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

そして、それはいつ?

初彼岸の意味は?

初彼岸には何をする?

解説していきます。

スポンサードリンク

 
 

 

初彼岸の意味は何?

 
 

 

初彼岸とは、家族のお葬式をあげて初めて迎えるお彼岸のことを言います。

ただ、初盆などと違ってなにか特別なことをしなければならないというわけではありません。

お盆は法事の一種ですが、お彼岸は本来は雑節(ざっせつ)といって、仏教とはまったく関係がないものでした。

生活の中で、いろんな時期や季節を表すものを総称して雑節(ざっせつ)といいます。

お彼岸とはその雑節の一つなので、初彼岸でも普通のお彼岸でも、同じことをするのが一般的です。

雑節とはお彼岸以外には、節分、八十八夜(はちじゅうはちや)、半夏至(はんげし)、土用(どよう)などがあります。

 
 

 

初彼岸はいつなの?

 
 

 

いわゆる四十九日を終えて初めてのお彼岸を初彼岸といいます。

四十九日の最中にお彼岸を迎えた場合は、次のお彼岸が初彼岸となります。

その際のお彼岸は、春のお彼岸でも秋のお彼岸でも同じです。

つまり、半年のうちのどちらかに初彼岸を迎えるようになります。

9月にお葬式を上げた場合は、翌年の春のお彼岸が初彼岸です。

スポンサードリンク

3月にお葬式をあげた場合は、その年の秋のお彼岸が初彼岸です。

 
 

 

初彼岸のお返しはどうする?

 
 

 

いろいろな事情により、法事に参加できなかった方が初彼岸に見える場合があります。

その時のお返しはどうしたらよいかで悩んでいる方を時々見かけます。

その時のお返しは、基本的には気にしなくても良いです。

理由は、仏教の行事として定められたものではないからです。

通常は何もしなくても良いですし、電話やお礼状を出しておけば問題ありません。

どうしても気になる場合は、お線香やろうそくやお茶などを贈っておけば大丈夫です。

この辺は、通常のお彼岸のお返しと同じだと考えておけば問題ありません。

 
 

 

まとめ

 
 

 

初彼岸は初盆にくらべて、あまり重要視されていません。

理由は、お彼岸自体がもともと仏教のものではないためです。

それよりも、四十九日や一周忌などの法要をしっかりと行うように心がけたいものです。

最後までお読みいただきまして有難うございました。

よければコチラの記事もドウゾ。
お彼岸のぼたもちとおはぎの違いは?供えるのはなぜ?他のお供え物は?
お彼岸の意味や時期を知ってますか?墓参りのマナーを覚えよう!
お彼岸の結婚式は大安ならいい?中日の結婚式がおすすめ?招待状は?

スポンサードリンク

-風習
-

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.