風習

お歳暮の本来の意味で考えると今は必要ない?もしもらったらどうする?

更新日:

年末になると、伊勢丹や高島屋などのデパートではお歳暮のコーナーが賑やかになります。

まあ本当にいろんな商品があるものだなあ、といつも感心しています。

最近はネット通販でも購入することができるので、セブンイレブンなどのコンビニなどでも取り扱いを行っています。

ですが、どうでしょうか?

年賀状と同じく、なんとなく義務感でお歳暮を贈ってはいませんか

年末の行事なのでやっているだけで、全く必要性を感じていない。

やめてはいけないのかな??

と思っている人の話も聞きます。

そんな時は、まず本来の意味をしっかりと抑えて、それからどうすればいいか考えることが大切です。

では、まずお歳暮の本来の意味から学んでいきましょう。

スポンサードリンク

お歳暮の本来の意味は?

日本では、新年を迎えるということは非常にめでたいことであるとされてきました。

そして、新しい年を迎えるときには、新しい神様(歳神様・としがみさま)を迎え入れるシーズンとして、お供え物をする風習がありました。

これが本来の正月のお祝いのルーツです。

そのお正月にお供え物をする準備が必要になります。

その準備に必要なものを持参したのがお歳暮のルーツと言われています。

そして、この習慣は各地でいろいろと違いがあります。

例えば、あるところでは大家さんに一年間のお礼として持参しました。

またあるところでは、同じ町内の世話役に持参するという風習もあったようです。

つまり、一年間有難うございました、新しい年もまたよろしくお願いします、という一年間の感謝と新年のご挨拶という意味合いがあるということです。

お歳暮の意味や由来は諸説ありますが、だいたいの趣旨としてはこのような感じです。

それが今では、季節の行事として年末になると話題になっているということです。

お歳暮は必要ない?

さて、お歳暮は必要なのか?

ということなのですが、以上のことから考えるとどうでしょうか?

きちんと感謝や挨拶としてお歳暮を活用しているのでしょうか?

会社同士でお中元やお歳暮のやり取りを禁止するところがでてきて随分立ちます。

昔は、ごく近くの、本当にお世話になった人だけにお歳暮をあげていました。

それも、挨拶を兼ねて、お宅におじゃまして渡すということをやっていました。

今のように、商品を送って終わり、ということではなかったということですね。

ところが、今では交通事情もかわり、付き合いの範囲もものすごく広くなったため、ありとあらゆる人に送る必要が出てきました。

本当に感謝すべき人以外にも、気を使う必要が出てきて、半ば形式的なものとしても普及するといった事になってしまいました。

目的が、感謝や挨拶ではなく、お歳暮を送ることになっているという側面があるのです。

スポンサードリンク

そこで、会社同士では経費節約の意味と、形だけの習慣をやめる、ということでお中元やお歳暮のやり取りを禁止するという、今の状態に落ち着いたわけです。

そうやって考えると、形だけのお歳暮は必要ないといえるでしょう。

ですが、めったに会えない、でも会うといつもすごくお世話になる、という人ならお歳暮を贈っても良いのではないでしょうか?

このへんは、年賀状などにも通じるところだと思います。

お歳暮を送るか送らないかに振り回されるのではなく、お歳暮という習慣をしっかりと利用するようにしたいところです。

お歳暮をもらったら?

それでも、こちらから送ることはなくても、お歳暮を貰ったらどうすればいいのでしょうか?

答えを先に書くと、お礼を伝える、ということになります。

お歳暮は感謝と挨拶の意味が込められているものなので、普通はお返しをする必要はないとされています。

お中元やお歳暮は特にお返しをしない、というのが一般的なマナーです。

とても身近な人なら電話でも良いかもしれませんが、できればお礼状を書いて出したいところです。

文面は一般的なお礼の文面にならいます。

・頭語(背景などの出だしの決まっている言葉)
・季節の挨拶
・相手の体調や健康に関する文章を入れる
・お礼を述べる
・相手が健康であることを気にしているという文章をいれる
・まとめ(結び)の言葉
・結語(終わりに書く決まりの言葉)

この辺は、定型文があるのでそれを利用しても良いでしょう。

お歳暮のお礼状の文例の参考はこちら

また、このやり取りが面倒だ、と思う人は、お礼上にその旨も伝えるようにすると良いです。

まとめ

私は基本的にお中元、お歳暮のたぐいはおくりません。

また、周りの人も私の性格を知っているので、いただくこともありません。

ただし、本当にお世話になっている人であれば、旅行に行った時や美味しそうな季節の食べ物などを見かけた時は、理由に関係なく送るようにしています。

本当に感謝しているなら形に拘る必要が無い、というのが私の考えです。

ただし、年配の方などはお歳暮は感謝をおくるものである、という常識が浸透しているので、お歳暮を贈ったほうが、こちらの気持ちがよりはっきりと伝わることも事実です。

このような意味をしっかりと踏まえているならば、お歳暮を利用するのも便利なものではないでしょうか?

感謝をどうやって伝えるか?

そうやって考えると、自分なりの感謝の伝え方が見つかると思います。

最後までお読みいただきまして有難うございました。

スポンサードリンク

-風習
-

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.