コラム

ベテルギウスは超新星爆発を起こす?いつ?影響は?

更新日:

あるお店で聞いたお話。

「オリオン座にねー、ベテルギウスって言う星があるんだってー。」

「その星がねー、爆発するんだってー。」

「なんかねー、おっきい星だから、爆発したら昼間ぐらいの明るさになるんだってー」

「それがねー、今年爆発するんだってー。」

「すごくなーい?」

すごいねー、見てみたいねー。でも、そん時地球はどうなるん??」

「しらーん」

今回は、そんなすっごい爆発の話題です。

スポンサードリンク

ベテルギウスは超新星爆発を起こす?

ベテルギウスが正しいのですが、私は幼いころにペテルギウス(PA PI PU PE PO パピプペポ、のペ)とおぼえてしまったもので、今でもついうっかり間違えてしまいます。

正しくはベテルギウス(BA BI BU BE BO バビブベボ、のべ)ですね。

オリオン座にある、左上のよく目立つ星です。
195489

とても大きい星で、太陽系で太陽のところに置くと、木星のところまで場所を占領してしまうそうです。

すい・きん・ち・か・もく・ど・てん。

水星・金星・地球・火星・木星(ここまで)・土星・天王星。

もはやすごすぎて、想像がつきません^^

そしてこの星。実はそろそろ寿命が近づいております。

星が寿命を迎えた時には太陽より大きい星は、爆発すると言われています。

当然、太陽よりも大きいベテルギウスは大爆発を起こすと言われており、その時期がそろそろではないか、という観測結果がでているのです。

ベテルギウスの超新星爆発はいつおきる?

この星、寿命が近いと言われています。

星自体の寿命はわかりません。

ただし、大きさからある程度の推測はできるらしく、ベテルギウスの寿命は約1000万年と言われています。

最近観察をしていると、星の寿命が来た時の兆候が見えているそうです。

スポンサードリンク

星の光り方が不安定になって、星が小さく縮んでいるのがわかるとのこと。

なので近々爆発をする、という言い方をされています。

3年ほど前に聞いた話では、ある科学者の計算では、来年の冬に爆発する、とのことでした。

そうです。

今から考えると、2年前に爆発していなければなりません^^

まあ、星の寿命である1000万年から考えると、今から数百年後でも十分「最近」になります。

いつ起きるか?

と言われれば、

今日から数百年の間、ということになります。(もっと先かもね!)

ベテルギウスの超新星爆発の影響は?

はっきりいって、その時がこなければわからないのですが、可能性としては、ガンマ線という放射線の一種が爆発の時に出ます。

それがひょっとしたら、地球に届くかも、届かないかも、と言われているようです。

これだけ大きい星の、地球から近い星が爆発したことは今のところなく、なんとも言えない不確定要素が多すぎるみたいですね。

地球から近いと言っても、640光年(光の速さの宇宙船で640年)かかりますけど。

少し細かく書くと、爆発の時のガンマ線は、爆発する星の地軸(星が回転する中心の軸の部分)の伸びている方向に向かって飛んで行くそうです。

そして、ベテルギウスの地軸は地球に向かって伸びていません。

しかし、爆発するときに地軸がぶれるかもしれない、だからどこに飛ぶかわからない。

そういうことらしいのです。

まあ、気長に待ってみるしかなさそうです。

ちなみに、見え方はこんな感じらしいです。

昼間でもはっきりと分かるくらい光る、と予想されています。

まとめ

正直なところ、この話についてはわからないことだらけです。

・・・でも。

どうですか?

星空を見上げる機会ってなかなかないと思いませんか?

たまには気分転換で、星を眺めてみるのも良いのではないかと思います。

その時には、ただボーっと眺めるのもいいですが、こんなお話を思い出しながら星を観察してみると、いつもと違った気分転換になるんじゃないでしょうか?

特にデスクワーク中心のお仕事なら、顔を上に向けるというのはとってもおすすめですよ。

最後までお読みいただきまして、有難うございました。

スポンサードリンク

-コラム

Copyright© good job!! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.